2005年 01月 23日

FIS SNOWBOARD WORLD CHAMPIONSHIPS  HALF PIPE

6:00起き、雨の音が激しい、テンション下がる、とりあえず出発。今日はルームメイトのディミと一緒に彼の車で。ウィスラーへ行く道は現在2010年冬期オリンピックに向け大工事中。どこで崖崩れが起きててもおかしくないからおっかなく、霧と激しい雨で視界も悪くおっかなかった〜。もうね、今日は絶対延期だと思ってた。一応ゴンドラのトコまで行き係員に「スケジュール通りやってるの?」って聞いたら「あ、やってるよ」って。うわぁ〜、ホントに〜? もう帰りたかったんだけど、、、
b0061004_19321239.jpg
バックパックにビニール袋被せていざパイプへ。やってる、、、女子予選第1ヒートの終盤で、Hannah Teterを見逃した。出走リスト観たら、第2ヒートに日本人ライダー出場だったので、カメラを出すのも嫌なくらいの雨の中スタンバイしてプラットホームを登ってった。昨日わからないと言ってたYONEXのライダーはナカジマシホさんでした。イイ滑りでファイナル進出。これだけひどい雨だったら、選手もカメラマンも傘さしますよ。2時間後にはウェアの防水機能を損失してました、あ〜ぁ。
b0061004_19323860.jpg
男子、何と國母以外の3人がファイナル進出。え"〜〜〜、確かにインパクトには欠けたけど、凄かったんだから、もう彼のハイエアーを観慣れてしまったからだろうか? 何とも残念。ファイナル前にレストハウスの前で発見! 石原タカのボード(手前)眞空総裁G氏のボード(中)中井のボード(奥)そうなんです、眞空総裁G氏いらしてました!
b0061004_19325438.jpg
ファイナル直前のパイプ。だいぶ痛んでます。雨にも相当降られてますし。ファイナルに残った4人と國母はかなりのインパクトを与えました。MCが「SNOW SAMURAI」と連呼してましたし、自分の周りのギャラリーも「Amazing!」「Sweet!」って。彼等の凄さは前々から知ってたけどね。何か嬉しくなった。残念ながら表賞台には登れなかったけど、大興奮の長い1日でした。詳しくはまた書きます。相当疲れました。
[PR]

by umamai | 2005-01-23 03:10 | snow:skate | Comments(0)


<< 1月22日夕食      夏のWhistler >>