UMANIA

umania.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 01日

職業

b0061004_001692.jpg
スノーボーダー。
多くの職業にプロフェッショナルが存在し、
スノーボードという世界にもプロスノーボーダーが存在する。

協会公認非公認、
スノーボードだけで食べていける人、
アルバイトしながらプロ活動している人、
それぞれ。

彼ら彼女らの滑り、スタイル、ライフスタイルに熱狂し、
その熱は自らの滑りやスタイル、ライフスタイルに少なからず影響を与える。

自らがそうであるように、
とにかく『もっともっと上手くなりたい』って。
ガムシャラに滑っていたら、周りが放っておけなくなったり、
写真や映像が出回って知名度が上がっていったり。

そうなると今度は滑るフィールドが変わっていったりする。
滑りたい欲のままに動くと。
危険が伴うのは100も承知だと思う。
自分の欲、スキル、斜面、人工物、自然、恐怖との戦い。
これまで幾度となくそんな壁を乗り越えて来てるし、
例えをあげて表現するのが難しいくらいの気持ち良さ、
喜びをまた味わいたいから、やっぱりどんどん求めていくんだろうと思う。

『あそこで絵を残したい』ってのよりも『あそこを滑りたい』って想いの方が強いような気がする。
無事に滑り終えて、何かしら残っていたらラッキィみたいな。
それは当然撮影クルーのサポートも必要。
そうして残った絵はまた僕らを熱狂させる。

紙一重。
ゲレンデを滑っていたって事故は起こる。
そんな紙一重のスリルがハートを掻きむしるワケで。

滑る人、撮る人、創る人、
共に様々な視点でクールにクリエイティブして
外に発信する仲間が近くにたくさんいる事に感謝。

まだまだ。
もっともっと。

高校→大学→サラリーマン
両親世代からしたら当然の流れのレール。
『スノーボード』というモノ、カルチャーに出逢い、
それが脱線へと導いてくれて心底良かったと思っています。

世間の目?
普通の生活って何?
枠からはみ出してたって別にいいんじゃない!?
皆と一緒じゃつまらない。
明日終わるかもしれない人生、
ヤリ切るだけ。
好き放題やらせてもらってる両親へは多大なる感謝を。

100も承知、
ドキドキする事やめられない、
死ぬ事以外かすり傷、
もっともっと上手くなりたい、
もっともっと滑りたい、
もっともっと高く、
もっともっといろんなところへ。

シーズンクライマックスへ。
後悔のないようアンテナビンビンで。
まだまだ死ねない。

3月1日。
ありがとうございます。
b0061004_002937.jpg

[PR]

by umamai | 2015-03-01 23:37 | moment:life | Comments(2)
Commented by sawa at 2015-03-03 16:44 x
いぇい。やるぞ。
Commented by umamai at 2015-03-05 23:59
●sawaさま.....お願いします!!


<< 鼎の問      さぁ、春の計画を >>