2006年 02月 03日

TOYOTA BIG AIR TV放送を見て

昨日帰ってから楽しみにしていたTOYOTA BIG AIRを見た。結果が気になってしょうがなかったけど、我慢して情報は何も入れなかったのでドキドキだったんだけど…………


ぶっちゃけ言ってしまうとつまらなかった。
編集最悪、これは今回に限った事ではないんだけど、今回は特にそう感じた。見たかったギギは最下位だったって事で放送に乗らなかったんだろうけど、やはり一人最低一本の飛びは見たいよ。

第10回大会って事で日本人をサポートするのはいいんだけど、表彰台のトップに立つにはほど遠いなと。昨シーズン話題になったマサカリエアーと言うのを初めて見たけど(昨シーズンはカナダにいたので)「ん〜、こんなもんか。一般ウケはするな」と言うのが正直な感想。で、今年は何か変えてくるのかと思ったらほぼ同じで回転が180度増えただけ。それを5、6本も見せられるんだったら、他人のエアを見せて欲しい。鈴木伯のCAB9と同じ感じで、ちとうんざりくるね。マサカリやめてCAB3でもでか〜くゆ〜っくりやれば「おっ!!」って思うのに。同じく昨年ファイナルに残った高橋君も大々的にフューチャーされていたが、進化なし。彼のスピンはカッコイイだけにな〜、残念というより何故同じトリック? 「表彰台に立ちたい」って言う割には昨年と同じだし。

それに比べファイナルに残った2人は、ここ数年コンテストでコンスタントにリザルト残しているし、トリックの引き出しも相当あるし、あまり同じトリックを出してこないから「次何を出してくるんだろう」ってテレビ見ててもドキドキ感がある。そんなドキドキのファイナルが全部見れないなんて……もうがっかり……。

BJが抜けてますます今後が不安なFORUMにヨニがまだいて、1本だけどエアー見れたののと、久々メディアに出てきたトレバーが意外と健闘したのは嬉しかったな。来年は制限がかかってたオリンピックライダーも出てくるだろう。ショーンと中井、國母がビッグエアで対決なんて事が高い確率で起こるのではって期待してる。日本人が表彰台のトップに立つにはさらに高い壁がそびえるだろう。自分には到底出来ないトリックを連発する日本人ライダーに対してはもちろんリスペクト。世界のトップと同等で戦えるトリックのバリエーション豊富で、ランディングも確実にキメてくるそんな日本人ライダーが早いとこ登場してくれる事を願うばかり。もしかしたら来年くるかも……。

以上、マニアが見た感想でした。放送見た方はどう思ったでしょうか?
[PR]

by umamai | 2006-02-03 01:34 | snow:skate | Comments(2)
Commented by yana_yana at 2006-02-06 21:59
自分も、今年の編集は最低だな、と思いました。
まず、モンキッキーが司会をやってる意味がわからない。
中途半端はバラエティー番組の雰囲気が漂ってましたし・・・

日本人ライダーを大きく取り上げるのは、まぁどのスポーツでもそうなので仕方ないかなと思いますが、海外ライダーのエアーとかほとんど解説も無いし、エアー以外の部分ばかりが長くて肝心のエアーが楽しめないという感じがしました。

あれでは会場の雰囲気の1/10も伝えれていないのでは・・・
Commented by umamai at 2006-02-07 00:31
●yana_yanaさま.....司会も今回に限った事ではないですよ。TOYOTAにしたってX-TRAIL JAMにしたって。万人ウケする番組を目指すとああなるのは仕方ない事なんでしょうが……次に控えるオリンピック放送も確実にわかってない人がやるんでしょうね。コアな人は会場で見てくれって事ですよ。あれ相当寒そうですね。

一番見たいのは日本人予選だったりして……最近若いライダーの名前さっぱりわからんくてダメですわ。


<< オリムピック      まとめて滑った収穫と課題 >>