UMANIA

umania.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 17日

S & J とゆかいな仲間たちツアー @ 野沢温泉 初日

土曜の朝だったが、リフト開始直後はさすがに人少なく、初滑りの人が多かったので、初心者ゲレンデで3本程足慣らしし、ゴンドラへ乗り込んだ。ゴンドラ降りたら人の多さにちと驚いたが、まぁしょうがない、やまびこゲレンデへ。リフトに乗って景色を見たら「あの辺で遊べたよね〜」「あそこ飛べたよね〜」等、2003年の記憶がいろいろよみがえってきた。予想以上のパウダーでリフト下は喰われまくってるが、まだ残りまくってる。もちろん滑りましたよ。喰われてるからボコボコ気味なんだけど、もうガンガン突っ込んじゃって、地形で飛べるとこ飛んで……アハハ、おもろい。もちろんトラックが少ないのにこした事はないが、そこそこ荒れたパウダーに地形が面白いとかなり鍛えられるのでおもろい。

今回野沢に行く事が決まり、友達にいろいろ遊べるトコを聞いたんだけど、そこには思いっきりロープ張られてて、さすがにドロップ出来ず。2003年にリフト下滑って放送で怒られたし、初日の序盤なんであまり無茶はせず残りパウを滑ってたら、早くも S & J オーナーが「腹減ったから休もう」と音を上げた。「ゲレ食厳禁シーズン」(笑)なんで「しばらく滑ってます」と言って同じとこを滑り、他のコースをチェキりつつ、休んでる皆の元へ向かっていたらパイプ発見。ガン開きの全くもってドキドキしないパイプを流し、まだ皆が休んでたのでリフト乗ってもう1本パイプへ。あまりにもドキドキしないので、隣にあるデカイキッカーにしようかなとチェックしに行ったが、これまたどうにもこうにも「これじゃ届かないだろ?」っていうキッカー。ランチタイムを終えた仲間のヤングガンがキッカーを飛ぶとハイクし始めたので、改めて一緒にチェック。「いや〜〜〜、絶対届かない」しかしヤングガンは恐れる事なくドロップインし、見事に撃沈。こんなキッカーを野放しにしておくゲレンデもどうかと思うが、仲間のかたきをとらなければならない感になり、バインディング装着。ある意味ドキドキだぁ〜ね。ドロップイン。ノーチェック+こいでスピードつけてってテイクオフ。「あ〜〜〜」ギリギリランディング面に届いたが、浮遊感、気持ち良さ何もない。な〜〜〜んか悔しいのでもう1本。さらにスピードつけていったが、結果は同じ。ま、キッカーへのドロップ感覚を得たという事で良しとしよう。

ランチタイム終了したので、やまびこゲレンデクルーズしつつ、ポイント見つけてキッカーこしらえようって事に。まだまだ残ってるパウダーを蹴散らしつつポイント探し。ロープをちょっと越えたところにいいランディング斜面があり、男9人突貫工事で雪盛って作成。即席だから結構適当でテクニカルでランディングしてから滑ると鬼ハイク。各自ストレートで飛んだ後、S & J オーナーが「もっと盛るべ」と言うのでちょいと手直し。その日の夜に行われるオリンピックモーグル女子の上村愛子を見倣えって事でいきなりコーク合戦に。ヤングガン、亀岡さんはバックフリップで突っ込むし、オーナーはコークするしで大盛り上がり。わたくしは首に爆弾あるのと、台とランディングの状態が悪いので、リップ整備員に徹した。「もう今日は早くあがろう」って言ってたオーナーだったけど、何だかんだで楽しんでた。最後、オーナーのコーク爆死(リップに頭をあてこんだ)で終了。リフト運行終了が迫っていたので急いで滑り降り、再びピークへ。下山の為、一気に下ります。これがかなりの試練。夕方で皆疲れてるし、コースが極端に狭い部分があったり、そんな狭い部分に人たまってるし、スーパーコブコブコースあったりで大変。

快調に滑っていて残り半分くらいにさしかかった狭い部分でスキーヤーの女の子がコース外に落っこちてるのが横目に入った。その女の子の友達が助けていたので通り過ぎたが、おっかない。コースの分かれ道で一回ストップ。わたくし含め皆ひざガクガク。あとはコブコブコースだけ。ひといき入れて滑り出そうとしたら板をコース案内のポールにぶつけてしまった。「カキーン」っていい音が。嫌な感じしたけど、軽くぶつけただけだし大丈夫だろうとそのまま滑り降り最初のゲレンデトップへ。皆集まってから恒例の「ビリの人ジュースおごり」大会(直滑り大会)へ。無事おごる事なく終了し、気になってた板をチェック〜〜〜、お"ぉぉぉぉぉぉおぉ〜〜〜〜〜あ"ぁぁぁぁぁぁあぁ〜〜〜〜〜
b0061004_23412860.jpg
こんなんでました…………………………………。
エッジへこんで、ソールもっこり…………ワックスばりばりかけて育ててたソールだったのに…………まだ10日も乗ってないのに…………カワイイカワイイ相棒なのに…………ゴメン、あの時足ちゃんと踏ん張ってればこんなことには…………予想以上の結果だったけど、ソール突き破ってなかったのは良かったよ(涙)tksokb君にだけこの事実を告白し、心は涙顔は笑顔で宿へ戻り着替えてごはんの前に風呂メイク。

さ、さ、気分切り替えて(そう簡単には切り替わらないが)お楽しみのごはんですよ〜〜〜。昼食べてないからもちろんお腹からっぽ。冷凍食品の海老フライだろうが、それが冷えてたってもうなんでも美味いっす。このツアー恒例のごはん漫画盛りをしてもらって、いっただっきま〜す
b0061004_2354363.jpg
1杯目は刺身であっさりやっつけ、2杯目は海老フライでやっつけた。あと茶碗半分くらい食べたいなとおかわりしたら、ありがたい事にさらに奇麗に漫画盛りしてくれました。ありがとう!(笑)
b0061004_2359699.jpg
3杯目は豚のスキヤキ風でやっつけました。さすがに満腹、限界っす。部屋に戻って倒れました。疲れもあり2時間程ウトウト、その後起きてオリンピックモーグル観戦メインで夜の宴会へ参加。いや〜惜しかったっすね。あれほどのトリック持ってて5位って。上村さんしかやらないって言われてたコークだったけど数人メイクったし、勝負の世界はや〜っぱり甘くないっす。ただ思ったのが、バックフリップとフロントフリップやって優勝って見ててなんか面白くなかったな。ツイスター、スプレッドとかの方が動きあって面白いけど、得点方式で縦回転が高いのならそうなっちゃうね。話がそれました。宴会はひたすら続き、最終的に4:30までやってたそうな。毎回そうなんだけど大騒ぎなんで、一緒に泊まってたお客さんはビックリしたろうし、ウザかったと思います。すんません。食後に寝たから目がさえてしまってたんだけど4:00には寝てました。昼前からいい天気でいい雪で板の事を除けばスバラシイ一日でした。
[PR]

by umamai | 2006-02-17 23:04 | snow:skate | Comments(0)


<< オリムピック SBX      S & J とゆかいな仲間たち... >>