UMANIA

umania.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 06日

KEN YOKOYAMA The Rags to Riches Tour II @ Shibuya O-EAST(16/06/08)


先月末で KEN BAND のショートツアー終了。
ライブDVD DEAD AT BUDOKAN も発売になって、
最近 KEN BAND の楽曲がヘヴィーローテーション!!


わたくし偶然、奇跡的に東京公演の チケット 入手出来、仕事早退して駆けつけました。
b0061004_104699.jpg
入場始まってたけど、スゴイ人がまだ外に。
b0061004_1042840.jpg
チケットはもちろん SOLD OUT!!!!!
ネット上に転がりまくってたチケット達は無事売れたのかな。
あまり高値つかないみたいだけども…………。

わたくしの番号は既に過ぎてたのでソッコー入場、ドキドキワクワク。
「お〜〜〜、Tシャツカッケー!! 買おう!!」
スッゲー並んでたんですが、ラインナップに加わる。
開演時間が迫ってくる中、靴ひも締めなおしたりして時間を有効に。
それにしてもなかなか進まずに焦る。
さらに「開演したら物販はクローズします」ってスタッフの声が焦りに拍車を。
あまりにも進まないので、皆が着ているTシャツをチェック。
いろんなグラフィックで、マニア心をくすぐるTシャツがいっぱい出てるんだなぁ〜。
ツアー毎にクールなTシャツリリースで、コレクター泣かせ!!(笑)
Tシャツグラフィックでしばし楽しんだけども〜〜〜〜〜、時間が〜〜〜〜〜。
焦りまくり。
開演予定時間まであと5分、売り場がもうすぐそこに!!!
お金手にして準備万端、ここにきたら勢い増して売り場へ入れた〜〜〜。
転売を防ぐため1人1枚、価格は2,000円、もう1枚欲しかったらもう1回並べシステム。
わたくし友達の分も買いたかったけどもしょうがないし、ケンさんの気持ちも良くわかるので自分ののみ購入。
やったよ〜〜〜、買えた!!! ホントギリギリだったけどね。
ロッカーに荷物詰め込んで、ホッとしたら場内暗転。

オープニングは WATER CLOSET
好きなんす、最新作はまだ買ってないけど、好きなんす、観るのは初めて。
皆もっと彼等の事知ってるのかと思ったらそうでもなく、皆腕組んで観てた。
ニューアルバムからがほとんどだったけど、持ってるアルバムから好きな曲演ってくれたし、
ハスキングビーのカヴァーも演ってくれた。
良かったッス、良かったッス。
もっと彼等のライヴ観てみたいな〜〜〜と。
早く新譜チェックしなきゃ。

オープニング終了。
KEN BAND の前にドリンクタイム。
500円払ったので、水じゃもったいないな〜と。
月曜だけど、これから汗かくしビール飲んじゃおとビールをチョイスし、
喉乾いてたのでほぼ一気で。
うめぇぇぇぇぇ〜〜〜、これで準備万端。
セットチェンジの間しばし待ち。
どこからか「前座40分もやりやがったよ」って声が。
いいと思うんですけどねぇ〜〜〜、もうちょっと演ってくれても良かったし。
興味ない人にとっちゃあ、興味ないんだなぁ〜〜〜。

そうこうしている間にステージ上も準備万端。
フロアもギッシリ。
暗転したら前突っ込もう計画で、場内暗転。
勝手に押されて前方へ(笑)あぶね〜あぶね〜〜。
フジロックの時はサージ寄りで観たので、今回は新メンバーのミナミサン寄りで。
KEN BAND 登場でフロア混沌。
「おぉうぉぉお〜〜〜、KENサンじゃ〜〜〜」
わたくしもアガリにアガリマス。
ほんでもって1曲目開始、と同時に肩車隊とダイヴァーが猛突進してきて…………
「え"ぇっ、こんなに激しいんすか!!??」
かつて味わった事のない混沌具合に、めちゃくちゃ怯むオッサン(笑)
「コレ、最後まで保つかな…………」一瞬怯んだんすけど、
それとは逆に負けてられない精神も沸々と沸いてきてですね、現状維持でいく事に。
KENサンとミナミサンの間で柵から2列目くらいの好位置で観る事が出来ました。

ヤッベーーーーー、パンクロックサイコーーーーー!!!

ステージ上はゆる〜い感じながらもそれが彼等のスタイルで、
客との掛け合いをしながら進行していく。
モノマネも披露してくれて…………賛否両論ながらヒロミゴー、世界のナベアツとかやってたな(笑)
「ハリセンボンの細い方に顔似てるって言われんだよね〜〜〜」ってKENサン。
確かにそうだわ〜〜〜、今まで気づかんかった(笑)
MCも楽しく、聴きたかった曲はほとんど聴けたような(時期的に『Cherry Blossoms』
はムリだったな〜)
こちらもハスキングビーのカヴァーをプレイ。
武道館用の新曲『DEAD AT BUDOKAN』、
ミナミサン加入してからのスカが入った新曲も聴けた(かなりカッコ良い!!)
最後にバラ撒いてくれたピックはとれなかったけども、大満足!!!!!
Tシャツぐっしょり、ココチヨイ疲労。

終わったんだけどなかなか皆帰らないんですよ。
良く考えたら場内明るくならないし、機材の撤収も行われない。
もしかして………………まだ演るの?????

「オイ! オイ!! オイ!!!」コールと手拍子が何度となく起こる。
「こりゃ〜もう1回あるな」と確信。
ほどなくしたらアコギ持って1人で登場!!!!!
「ワ〜〜〜〜〜、やっぱり出てきた!!!」
「座ろう」って誰かが言い出して、皆フロアに座る、不思議な光景。
KENサンは何だか楽しそうに「何演ろうか?」と。
客からのリクエストで進行。
HAWAIIAN6、SIONさんのカヴァー、自身のアコースティックの曲を4、5曲演って終了。
「バイバイ、また会おうぜ!!」


いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、大大大満足!!!!!!!!!
武道館 満席に出来る人のライヴを1000人規模のライヴハウスで観れる喜び。
「ん〜〜〜〜〜、地球に産まれて良かったーーーーーーーーっ!!!」
オッサン、若者に紛れメチャクチャ楽しみました。
ダイヴァーはホント勘弁してもらいたいけど(ダイヴするなら鋲ベルしてくんなっつ〜の)
いろんなとこ痛みましたけど、ま、勲章って事で。
ロッカーから荷物だし、着替えて出口へ。
「あ〜〜〜、WATER CLOSET のTシャツ、イイ色だな〜〜〜欲しいな〜〜〜」
悩みに悩んで諦め、さらに出口へ行くと、メンバーがフライヤー配っててビックリ。
「ああいう時はサインしてくれんのかなぁ〜〜〜???」
ま、今回はフライヤーだけもらって帰りましたけど。


渋谷駅着いて駅の時計見てビックリ!!!
22:30!!!
目を疑いましたが現実。
え〜〜〜っと、WATER CLOSET が40分プレイして、セットチェンジで〜〜〜〜
20時チョイ過ぎから始めたとしても余裕で2時間以上プレイしていた事になります。
こんなパンクロックショーは初めて!!
チケット2,500円(+ドリンク代500円)、Tシャツ2,000円=その想い出 Priceless。
自分の中ではビッグアーティストの KENサン だけど、
お客さんの事を考えてくれてのチケット代だったり、Tシャツの値段だったり、
転売の事を気にしてたり…………カッコイイっすよ、惚れるんだな、なんか。


ライヴってイイもんだな〜、なかなかチケットとれないけど、行けるもんならまた行きたい!!!
いろいろアンテナ張っておこっと。
[PR]

by umamai | 2008-07-06 11:45 | live:music | Comments(4)
Commented by inmymindfromnyc at 2008-07-07 11:32
行ってきたんすね。
楽しそうで何より。
無理してでも行かないと、やっぱ、得られないんすよね、Priceless.
Commented by keirinyuko at 2008-07-07 22:03
WATER CLOSET 大好きっす。ALLのカバーコンピに入ってて初めて知ったけど、あの微妙な掛け合い具合とか最高!
Commented by umamai at 2008-07-08 23:06
●ei"6"sukeさま.....ですね、NOFXとRANCIDのウェブサイト見ましたが、売り切れちゃってますね。

KENサンサイコーっすよ、やっぱり。
また一緒に行きたいっすね!!
LIVE DVD もサイコーデス!!
Commented by umamai at 2008-07-08 23:12
●keirinyukoさま.....おぉ、そうですか!!
わたくし、てっきり女の方がメインヴォーカルかと思ってたらそうでもなく、
女の方はベースかな〜って思ってたら、ギターだったし。
ですね、微妙な掛け合いたまらんすね、グッときます!!


<< 萌え〜〜〜っ 7/6 昼食      終わってみれば………… >>